【貯蓄メンテナンス③】支出を把握しよう!~楽ちん管理法~

貯蓄メンテナンス

貯蓄をする上で絶対に押さえておいて欲しいのが家計の支出です。
皆さんは毎月の家計の支出を大体でも把握できていますか?

  • 家計簿が面倒で続かない
  • 支出管理のやり方が分からない
  • 忙しくて管理する時間がない

共働きだと毎日の家事で精一杯…
家計簿なんて付けてる時間がないのよね

と何かしら理由をつけて目を背けてはいませんか?
今回は時間をかけない支出管理方法
アプリと共に我が家の例を挙げながら紹介してみたいと思います。

この記事を読んで分かること
  • 続けられる簡単シンプルな家計管理方法
  • 時間をかけない支出管理法

ではさっそく見ていきましょう。

家計メンテ流 支出把握の基本

大まかにまずは

  • 固定費(月間・年間)
  • 変動費
  • 3点固定貯金費

に分けます。

固定費

月間固定費
家賃・保険等・教育費等
年間固定費

固定資産税・保険等

保険は年間一括払いの場合
年間固定費に入れましょう。
基本的に毎月の支出には月間固定費を入れます。

保険等で月払い年一括払いの2種類がある場合、
多くの場合は年一括払いの方が安くなります。
家計管理もしやすいので、
出来れば年一括払いをおすすめします。

変動費

食費・日用品
医療費・美容費・交通費・光熱費・通信費等

月によって支出が変わるもの。
毎月の支出管理作業のメインとなってくるものです。

3点固定貯金費

小遣い費・貯金費

前回の【貯蓄メンテナンス①】で取り上げた3点固定貯金についても、ここでは支出として入力します。

以上の支出を管理していきましょう。

3点固定貯金についてはこちらの記事。

そして毎月アプリで管理するものは

  1. 月間固定費
  2. 変動費
  3. 3点固定貯金費

の3つだけです。
今回は面倒くさがりの筆者でも続いた
おすすめの支出の管理方法について2つ紹介してみたいと思います。

家計管理方法について

マネーフォワードME

結論としてはマネーフォワードMEのサービスを使うことで、
支出管理に関しては一発解決します。
初めに口座登録をしてしまうだけであとは自動で家計簿にまとめてくれます。
これ以上に楽な家計管理方法はありません。

実際に筆者も現在はこちらのアプリのプレミアム登録版を使っています。
ただしマネーフォワードMEを使うのであれば、
有料のプレミアム登録をしなければあまり価値はありません。

年間ですと5300円かかります。
月々442円で家計管理を丸投げできることに
価値を感じるか感じないかは個人の価値観によるものです。

筆者としてはたった442円で家計管理をしっかりしてくれるこのアプリは
登録する価値があると思っています。

無料アプリにもシンプルで良いアプリがあります。
しかし敢えて今回は筆者が長年お世話になっている
もう一つの有料アプリについて紹介したいと思います。

「支出管理」アプリ

こちらの「支出管理」アプリ120円落とし切りのアプリです。
筆者は結婚する前からずっとこれを使っていました。

マネーフォワードMEのプレミアム登録をしてからは
個人的なお小遣い管理用にも使用しています。
このアプリの良い所は以下。

「支出管理」アプリ
  • シンプルで分かりやすい
  • 自分で項目ごとに予算を立てられる
  • グラフ化してくれる
  • 予算残高が分かりやすい

実際の画面で簡単に我が家流のアプリの使い方を紹介します。

予算をたてる

あまり項目は増やさないようにします。

 ・生活費(食費・日用品)
 ・やりくり費(その他の変動費)
 ・交通費(ガソリン代・ETC代)
 ・光熱費(電気・ガス・水道)
 ・通信費(ネット・スマホ)
 
 ・固定費(家賃・保険等)
 ・お小遣い

特に日常的に変動の大きい食費日用品をメインで把握したいと考え、
この分け方にしています。

ちなみに我が家の予算設定は画像の通りです。
予算は一番出費の多い月を参考にして黒字になるよう
無理のない範囲でたてると良いでしょう。
3点固定貯金費に関しては

  • 天引き貯金
  • 小遣い
  • 残金貯金

のうち小遣い分だけ記入します。
ちなみに我が家は夫婦で3万円ずつで6万円となります。

タグ編集をする

次にタグ編集では現金以外の支払方法を項目分けします。

  • メインクレジットカード
  • サブクレジットカード
  • 電子マネー

といった感じです。
クレジット払いの家計簿の付け方としては

クレジット払いをした日か
クレジットの引き落とし日か

どちらにするかという問題もあると思います。
月に生活費としていくら使ったのかを把握したいので我が家では、
クレジット払いをした日にこのタグを付けて管理しています。

月間固定費はテンプレートを作成
  • 固定費
  • 小遣い費

はテンプレートを作っておくとワンタップで入力できて楽チンです。
この設定で毎月の支出管理をすると、
毎回の入力は生活費(食費・日用品)のみ
あとの交通費・光熱費・通信費は月末のみの入力で済みます。

予算残高を確認

このアプリの良いところは、
支出の予算残高が表・グラフで表示されるところです。
今月使い過ぎていないかが一目で分かるのが便利です。
あとの設定としては、給料日を月初めに設定しておくことです。

収入の管理方法

ちなみに収入の管理については、我が家は通帳を使っていました。
前回の【貯蓄メンテナンス②】口座管理方法について説明しています。
銀行口座ごとに使途が決まっているので通帳を見るだけで収支が分かるのです。

今月の締め日から先月の締め日を引くと今月がいくら赤字・黒字なのかが分かります。
これだけです。

我が家の支出管理の目指すところとしては、
何にいくら使ったかということは大まかな把握で良いので
月にいくら使ったのかを把握することが大切です。
この支出管理を取り敢えず3か月でも続けてみると
自分の家計が使い過ぎている部分が見えてきますよ。

その先の改善はまた後日😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました